自律神経のバランス

自律神経のバランスは、肩こり、腰痛、めまいなどの体調俘虜に関係性があるようなのです。

私たちの心身の健康を保つためには、自律神経の「交感神経」と「副交感神経」のバランスを整えることが必要す可決であるとされているようなのです。現代社会におきましては大人たちだけではなく、子どもたちにも自律神経の乱れからくる症状がみられるなどとも言われているようです。

たとえば子どもたちが夜遅くまで、スマートフォンなどのネットゲームに夢中になることによって、夜の寝つきが悪くなったり、不眠症を発症することで、朝スッキリと目覚めることが困難とな、不登校へと発展してしまうケースもあるようなのです。

夜間のスマホなどのデジタル機器を使用することは「交感神経」を刺激することで寝付きが悪くなるなども考えられているようなのです。

自律神経失調症の対処法は3種類

自律神経失調症は、生活環境の乱れや過度のストレスが加わることで起きるものです。

症状としては、夜眠ることができない下痢状態が続いたり不快な症状に悩まされるなど、その根本的な原因は体および心のバランスが乱れているから生じるのではないかといいます。

交感神経と副交感神経の2つの自律神経のバランスが乱れることで起きるのが自律神経失調症で、消化器系・循環器系・呼吸器系・感覚器など、様々な部位での異常が生じてしまい生活を円滑に送ることができなくなるのが特徴です。

気分がすぐれないなど自律神経失調症の可能性があるかもしれない、その治療法には薬物療法や心理療法、理学療法などがあり心療内科や精神科などの医療機関を受診することが大切です。